東京でのフリーエンジニアの将来性とは

エンジニアが独立してフリーエンジニアとなるケースは多くあります。大きく年収を増やす人もいますが、ほとんどは年収400万円ほどになるようです。
それでも独立を目指すのは、会社員としてエンジニアを続けるよりも将来性があるからです。エンジニア業界は人手不足が続いていますが、そのためにどの会社でも人材育成までは手が回らない状況となっています。そのために新たな仕事にチャレンジするきっかけが掴めずスキルを思うように高めることができない人が多いのが現状です。

そこで、ある程度の経験を積んでから独立し、自分でキャリアプランを立てることを選ぶわけです。東京であれば多くの開発案件がありますし、仕事を獲得するチャンスも豊富にあると判断するものです。実際には個人で仕事を請け負うとなれば、それなりの経験と信用力が必要になります。独立を目指す人は、まず副業として個人で仕事を請け負うケースが多くみられます。そこでクライアントを確保しつつ、自分のキャリアプランに照らし合わせて必要なスキルを高めるのです。

経験と信用力を高めた上で独立するパターンであれば、順調に仕事も確保できます。その後は、専門性を高めて高い報酬が期待できる仕事を請け負うか、あるいはコンサルタントとしてキャリアチェンジする人もいます。いずれにしても自分自身の将来の姿を描いた上で、どのような仕事を請け負いどんなスキルを高めるかを計画することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です