東京でのフリーエンジニアの活躍

フリーエンジニアになれば、会社員の頃と比べると活躍の場を広げることが可能になります。特に東京ならば多くのクライアントを確保できるので、自分のスキルを活かした案件を獲得しやすくなります。エンジニア業界の人出不足は人材育成にも影響を与えています。新しい仕事を与える余裕が無いので、エンジニアはなかなか思うようにスキル向上ができないのです。

その点、フリーエンジニアであれば自分が思い描くキャリアに沿って必要なスキルを高めることができます。
例えば開発案件のみに従事している中で、マネジメントのスキルを高めることでプロジェクト全体を統括する仕事にも携わることができます。このように活躍の場を広げることによって、さらに様々なスキルを身につけることにつながります。そもそもエンジニアは、現場での開発業務に携われるのはごく短い間です。それはフリーエンジニアも同じことですし、また銀行や公共機関でのシステム開発がひと段落つけば、エンジニアの淘汰が始まるとの予測もされています。

その時に備えて、どのようなスキルを身につけているかが問題になります。技術志向の強いエンジニアから管理職に向いた人材が生まれにくい傾向は続いているので、プロジェクトの管理業務に関わるスキルを高めると有利になります。現場での作業からマネジメントに関わる業務へと活躍の場を移すことで、新たなキャリア形成を望むことができます。フリーで働くことによって、自由にキャリア設計を立てることが可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です